病院概要

沿革

舞鶴赤十字病院は、舞鶴市の行政をはじめ、西地区住民の強い要望と支援のもとに、地域住民の診療と京都府北部の災害救護の一拠点として、旧海軍工廠の建物を改修整備し、昭和28年6月1日に一般病床90床、内科・外科・放射線科で発足しました。
昭和28年 3月 京都府から開設許可
昭和28年 6月 一般病床 90床 診療科(内科、外科、放射線科)で診療開始
昭和28年 7月 耳鼻咽喉科設置
昭和28年 8月 舞鶴市の伝染病舎(30床)の管理を受託し120床となる
昭和29年 3月 産婦人科設置
昭和30年 4月 丹後木津、綾部診療所の管理運営を日赤京都府支部より当院に移管
昭和31年 10月 丹後木津診療所閉鎖
昭和32年 9月 小児科・歯科設置
昭和36年 3月 綾部診療所閉鎖
昭和38年 8月 機能回復訓練(リハビリ)室設置
昭和42年 9月 救急告示病院に指定
昭和43年 5月 本館等全面増改築工事完成(3階建)
昭和43年 6月 本館竣工式典(日本赤十字社名誉副総裁秩父宮妃殿下ご臨席)
昭和44年 4月 人間ドック開始
昭和56年 5月 CT棟完成
昭和58年 1月 医師住宅A(6戸)完成
昭和58年 7月 舞鶴日赤ボランティア会発足
昭和59年 7月 新病棟(南館6月完成) 50床増床、170床となる
昭和60年 5月 泌尿器科開設
昭和61年 5月 眼科開設
昭和62年 11月 新病棟(南館2階)整備
昭和63年 5月 本館2階整備
救急優先病床(10床)整備、180床となる
平成元年 4月 整形外科開設
平成2年 11月 医師住宅(6戸)完成
平成7年 7月 麻酔科開設
平成8年 10月 本館、南館全面増改築工事開始
平成9年 3月 舞鶴市の伝染病舎(30床廃止)150床となる
平成9年 4月 機械棟完成
平成10年 4月 皮膚科開設
平成10年 7月 増改築工事第1期完成(本館5階建)
平成10年 10月 増改築工事第2期完成(南館1階改修)
平成11年 7月 訪問看護ステーション、在宅介護支援センター棟完成
平成11年 8月 増改築工事3期完成(外来棟)、南館2階改修
平成11年 10月 療養型病棟48床開設 198床となる
在宅介護支援センター開設
平成11年 11月 訪問看護ステーション開設
平成12年 4月 介護保険制度実施
療養型病床48床を区分(医療23・介護25)
平成15年 1月 ホームページ開設
平成15年 5月 開院50周年記念行事
平成15年 7月 乳腺外科外来開設
平成15年 9月 病院内全面禁煙
住民モニター委員会設立
平成16年 4月 電子カルテ稼働
平成16年 11月 院外処方箋発行開始
平成17年 8月 病院機能評価Ver4.0認定取得
平成18年 11月 療養病棟48床を区分(医療4・介護44)変更
平成20年 8月 リハビリテーション科標榜
平成22年 2月 施設内全面禁煙
平成22年 3月 院内保育所(名称マーチング保育園)開所
平成22年 8月 消化器科設置「消化器内科」標榜
病院機能評価Ver6.0認定取得
平成23年 12月 入院基本料7対1算定開始
平成24年 9月 禁煙外来開始
平成25年 1月 神経内科開設
平成25年 6月 創立60周年記念行事
平成25年 7月 医師住宅(11戸)、院内保育所完成
平成25年 9月 電子カルテシステム全面更新
平成25年 10月 東館増改築工事開始
平成26年 8月 東館完成、竣工式
南館改修工事開始
平成26年 9月 東館「リハビリテーションセンター」・回復期リハビリテーション病棟オープン
平成27年 3月 南館(管理棟へ改称)改築工事完了 増改築工事完了