部門案内

看護部

看護部長挨拶
看護部長
佐竹 孝惠
(さたけ たかえ)

舞鶴赤十字病院誕生と今
 京都府の北部に位置する舞鶴赤十字病院は、地域住民の強い要望と熱心な陳情により昭和28年6月1日に西地区唯一の公的病院として誕生しました。平成26年にはリハビリテーションセンターと回復期リハビリテーション病棟を、平成27年には地域包括ケア病棟を開設し、急性期から在宅へと一貫した医療・看護を提供することで、今まで以上に地域に根付いた病院として充実を図ってまいります。

私たちの目指す看護!
 看護部では「患者中心」を超えて「患者さんとケアする人との絆」から、患者満足と職員満足が向上し、この二つが合流することを目指しています。
 ワークエンゲージメントの高い看護師による実践は、患者・家族の皆さまの安全・安心を守り、その実践そのものが職務満足につながります。ここに患者満足と職員満足が合流する所を見いだしたいと思っています。
 キーワードは「TUNAGU ~つ・な・ぐ~」患者・家族の皆さまと看護部職員、他職種、病院と赤十字と地域と夢をつなぎます。キャリアアップ支援、子育て支援を行い、職員の夢をつなぎながらチーム医療を推進し、地域への貢献、赤十字の看護実践を行います。

理念と基本方針
看護部の理念
舞鶴赤十字病院看護師は、病院理念に基づき、高度な知識と技術を養い、救護活動に備えると共に、地域住民の健康増進・疾患の予防・苦痛の軽減及び福祉に貢献できる看護活動を行う。
看護部基本方針

 舞鶴赤十字病院看護部には諸先輩から引き継がれ、時を経ても変わらない大切な信念があります。それは西舞鶴地区唯一の公的病院として「地域に根ざした看護を提供すること」です。『人を大切にする心』で『専門職としての責任』を果たすこと、『感心力』と『洞察力』を備えた援助専門職として、患者・家族の皆さまの『内なる力を強める』関わりを実践することです。
 加えて、看護部として重要な位置づけをしているのが「人材育成とモチベーションマネジメント」です。その方策の一つとして、全国の赤十字病院で実施されているキャリア開発ラダー制を導入しています。それは臨床での看護実践能力の向上を目指すもので、職員一人ひとりが事故の能力を認識し、目標に向かえるようレベル別教育プログラムを連動させています。
 「看護は人への関心から始まる」とナイチンゲールは説いています。周りの人々に関心を抱き、一人ひとりを大切にする看護を共に実践しましょう。

※『内なる力を強める』とは、患者が自分の状況を理解し、予測性や見通しを持てるように援助することで、患者の持つ潜在的な能力を強め、より良い状態にすること。

 

1. 良質な看護の提供を行います
患者の内なる力を強める看護」(自律支援)
安全で安心な看護」(救急看護と在宅療養支援)
2. 他職種との協働を図り、チーム医療を推進します
3. 赤十字救護看護師を養成し、日頃から災害救護活動に備えます
4. 病院の健全経営に貢献できるよう目標管理の充実に努めます
5. 患者様の快適な療養環境の提供に努めます
6. 看護専門職として研修・研鑽、後輩育成に努め、看護部はこれを支援します
令和元年度看護部活動目標
1.看護の質の向上

患者目標を早期に捉え、個々の患者家族のケアプランを理解し思いに寄り添いながら、目標達成に向けて積極的にかかわり、医療事故を防止し合併症を起こさない看護を提供します。

①看護観・倫理観の育成による基本的態度の醸成、また専門領域の看護力向上を行い、キャリア開発ラダーⅢレベルの育成、看護管理実践者育成を行います。
②上記の礎のもと、それぞれの委員会、リンクナース会、各部署が予測し安全を守るための看護の質向上を行い、チーム医療に貢献し安全を守ります。
③上記実践のもと、安全で安心できるケアを提供し、患者家族との信頼関係の構築を目指します。

2.地域包括ケアシステムへの参画

地域包括ケアシステムの中核を担えるよう、急性期から回復期機能、訪問看護ステーションをもつ病院として「時々入院・ほぼ在宅」の実現を目指します。

①特定行為にかかる看護師、入退院支援・在宅療養指導のできる看護師、意思決定の支援ができる看護師を育成し、院内外の連携、チーム医療の強化を行います。
②上記の礎のもと、チーム医療の中で看護職が役割を発揮します。PFMによる病床コントロールとともに、退院支援看護師の役割を明確にし、チーム医療でケアプロセスへ積極的にかかわり入退院在宅療養支援を行います。
③上記実践の基、患者家族と地域のケア提供者が安心して在宅療養が続けられ、一人一人のACPに寄り添い、人生の最終段階、看取りまで患者中心の入院・退院・在宅療養支援を行い、「時々入院ほぼ在宅」の実現を目指します。

3.働き続けられる職場づくり

「看護の質の向上」により、生産的な仕事と「経験学習」を重視した学びの場を創造します。また、働き続けられる職場環境を実現し、ワークエンゲージメントの高い看護部職員の定着により安定的な人材確保を行います。

①ワークライフバランス改善に取り組める看護者を育成し、看護管理実践力の向上を目指します。
②上記により、師長会のPJTによりより負担の少ない夜勤体制への検討を行うとともに、業務負担軽減、時間外業務の削減、年休取得の推進など、労働環境の整備を行い、個々の能力が発揮できる職場を目指します。
③上記の結果、仕事と生活を充実できる働き方へと改善、WLB獲得により看護職のワークエンゲージメントを高めます。

看護職員の教育計画
目的
舞鶴赤十字病院の看護部理念・基本方針を実現するために、看護職員のキャリア開発を支援し、優れた人材を育成する
目標
1. 看護専門職として、実践能力・マネジメント能力・研究能力・教育能力を自ら高めていくことができる
2. 赤十字の理念・原則を熟知し、行動化できる
3. 病院組織の一員として他職種の人々とともにチーム医療に貢献できる
教育方針 キャリア開発ラダーを基盤にした教育の実践
1. 看護師の倫理綱領を遵守した看護師継続教育
2. OJTの重視(特に新人教育はプリセプター及びモジュール内での教育の強化)
3. 目標管理の実践(個人台帳を活用した面接指導の実施)
4. 認定・専門看護師の養成支援
5. 舞鶴赤十字病院臨床看護スペシャリスト教育の支援
6. 院内・院外研修の機会を活かし、個人・組織の活性化を図る
教育の企画・運営
構成: 師長会、係長会、看護教育研究委員会、看護研究委員会、
看護業務研究委員会、看護記録研究委員会、学生指導研究委員会、認定看護師会
主な担当: 看護教育研究委員会

 

院内教育計画
2019年度 研修の立案上の枠組み

2019年度 看護部教育

新人教育について


 

当院の特徴

チーム医療の充実
 当院では栄養サポートチーム、摂食・嚥下チーム、褥瘡チーム、呼吸療法チーム、緩和ケアチームが、患者の皆様の早期回復や苦痛の軽減、生活の質の向上を目指しチーム医療を展開しています。このチームは医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、言語聴覚士、検査技師等がそれぞれの専門性を尊重し、連携・協働しています。

継続医療・看護
 当院は一般病棟だけでなく、回復期病棟・地域包括ケア病棟・訪問看護ステーションを併設していることで患者様の医療・看護がとぎれなく提供できることが強みです。退院支援看護師と社会福祉士、ケアマネージャーが、患者・ご家族の皆さまをしっかりサポートしています。

家庭的な雰囲気
 地域に根ざした病院であり、職員も地元出身者が多くとてもアットホームな雰囲気です。野球、ソフトボール、テニス、卓球等スポーツクラブや同好会があり、職員間で楽しくアフターファイブを過ごしています。加えて、親和会主催の親睦旅行やボーリング大会もあり職員同士が仲良くなるチャンスが多いです。

看護部の組織
看護体制
  一般病棟 回復期 地域包括 外来 手術室兼
中央材料室
訪問看護
ステーション
単位 2単位 1単位 1単位 8診療科 1単位 1単位
勤務体制 2・3交替
夜勤ミックス
2交替 2交替 当直体制 日勤及びオンコール
師長
係長
看護師 30~33 15 18 26 10
介護福祉士
看護助手  2
クラーク 10
病棟ごとの
看護方式
病棟ごとの機能等に応じた方式で行っています
・パートナーシップ
・プライマリー+固定チームナーシング
認定看護師紹介
皮膚・排泄ケア認定看護師
中西 美代子
皮膚・排泄ケア認定看護師

 皮膚・排泄ケア認定看護師は、皮膚トラブルの予防を基礎として創傷・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)・失禁に関するケアを専門的に行う看護師です。具体的には、褥瘡・スキンケア・オムツ相談・ストーマケア・フットケア・胃瘻のケアなどを行っています。スタッフへの指導・相談を通じて、院内全体の看護の質向上を目指すとともに、ストーマ外来(毎週金曜日:予約制)やフットケア外来、ストーマケアに関する講習会などを通して 患者様や院外へ向けての指導も行っています。胃瘻のケアやストーマの管理など、お気軽にご相談ください。

糖尿病看護認定看護師
角出 孝子
糖尿病看護認定看護師
 糖尿病をもつ人を「患者さま」としてではなく、「社会や家族の一員として生活している人」ととらえ、糖尿病を持つ人が生涯にわたり糖尿病と上手く付き合いながら、その人らしく生活することを支援していくのが糖尿病認定看護師です。一人の人の身体・心理・社会的側面から幅広くとらえ、その人のより良い人生を共に考えつつ、生活の中で食事・運動・薬物療法を一緒に考えていきます。一人でも多くの方が糖尿病を持ちながらでもいきいきとした生涯が送れるようお手伝いしたいと思います。
 現在、外来で透析予防指導や自己注射手技の指導、フットケア、生活調整等の糖尿病療養支援に取り組んでいます。糖尿病看護についてお困りのことがございましたら、ご相談ください。
 
がん化学療法看護認定看護師


水野 雅之
がん化学療法看護認定看護師

 がん化学療法看護認定看護師の役割は、がん化学療法(抗がん剤治療)を行なう患者さま・ご家族が治療を納得した上で、安心・安全・安楽に治療を継続できるよう援助することです。また、治療による副作用の症状や対処方法についての相談やアドバイスも行なっています。がん化学療法に関しての疑問等があれば、お気軽にご相談ください。
感染管理認定看護師

大槻 りか
感染管理認定看護師

 感染管理は病院に出入りする全ての人(患者さまやそのご家族、業者、医療従事者)や病院外の施設や個人宅で療養する人、施設(人ではなく建物)自体を対象に感染予防対策を行います。その感染防止対策は「細菌」や「ウイルス」など目にも見えないものが相手であるために、患者さまやご家族はもちろん、医療従事者でさえも感染予防対策が困難な状況になることがあります。この目に見えないものをいかに認識し、感染予防対策行動を全ての人がとれ、感染を最小限にできるかが私の役割です。一人一人が感染予防対策行動をとることができるよう地道にこつこつと活動しています。

認知症看護認定看護師

網木 右介
認知症看護認定看護師

 ご高齢の患者さま、認知症疾患を抱える患者さま・ご家族に対して、安心して入院生活や退院後の療養生活が送れるよう援助していくことが私の役割です。慣れない入院生活により、多様な言動でその時の感情を表現されることがあります。そのような場面に対して、物的・人的環境などを整えることも大切です。また、認知症看護は当事者と共通の言語を用いてその人の世界観に合ったコミュニケーションをとる姿勢も大切です。
 他職種を含めた関わりにより、職員全員で支援が行えるように努めます。また、ご相談事がありましたら、お気軽に声をおかけください。

訪問看護認定看護師

訪問看護認定看護師
滝川 良子

 訪問看護は、高齢者だけでなく、小児や難病などの方々も対象となります。急性期を終え、疾患を抱えながら生活しておられる方や、それを支えるご家族の方々が、安心して在宅生活が送れるように、サポートしています。一人でも多くの患者さまが地域に復帰され、自分らしい生活を送っていただけるように、お手伝いしていきたいと思います。
 また、訪問看護では人生の最後に同席させていただく機会が多くあります。その方の人生の最後の1ページに関わらせていただける、やりがいのある仕事だと感じています。一人でも多くの方々の、納得のいく人生の締めくくりにご一緒させていただけると幸いです。

お申込み・問い合わせ

認定看護師による看護実践支援

相談・講演・勉強会など、ご活用のご相談はこちらまで

TEL:0773-75-4175

学会・研修会

【院内研究発表会】

《東3階病棟》
「回復期リハビリテーション病棟の目標支援の現状」
《3階病棟》
「外科病棟の主旨衛生に対する意識調査―B病棟の一患者に対する速乾性手指消毒剤使用回数が増えないのは何故かー」
《4階病棟》
「地域包括ケア病棟看護師の看取りケアに対する意識調査」
《5階病棟》
「オムツ装着に対する実技指導と練習の効果について」
外来》
「救護員を持つ赤十字看護師の救護活動への意識調査―経過年数による意識の差―」

【院外研修発表会】

《中北丹看護研究発表会》

松村成美「人工呼吸器装着中のALS患者に対する入浴達成に向けた関わり-患者と共に短期目標を設定司会乳した効果-」

《日本看護学会 慢性期》

原麻子「Eilers口腔アセスメントガイドを用いた口腔ケア観察に関わる実態調査-口腔ケア観察の標準化を目指して-」
岸本由美「外来看護師の基本的緩和ケアの現状と課題-グループインタビューを行って-」
加藤友香「回復期リハビリテーション病棟における行動制限アセスメントの検討-行動制限フローチャートを導入して-」

《日本看護管理学会》 

山本朋美「看護係長の看護管理実践計画の実践を支援する看護師長の課題-「ナースのための管理指標MaIN2」のカテゴリ分析より」

 《感染学会》

竹内りえ・井上久美子「手指衛生実施率向上におけるクロスモニタリングの有効性」
 《日本運動器看護学会》
加藤友香「回復期リハビリテーション病棟における自宅退院困難事例の退院支援~看護師の家屋調査同行の意義~」


 

看護職員募集
募集要項 
1.職種 看護師
2.採用予定 看護師免許取得の方
3.応募資格 免許を有する方、
看護学校等を卒業見込の方
4.提出書類 ①履歴書(写真貼付)
②卒業(見込)証明書
③成績証明書
④免許証(写)(既得者の方)
5.応募方法 総務課宛に郵送 
6.採用年月日

(調整中)
詳細は0773-75-8046までお気軽にお問合わせください

7.採用試験日 (調整中)

 

待遇条件
1.勤務時間 三交代制             
日勤  08:30~17:00
準夜勤 16:20~00:50
深夜勤 00:30~09:00

二交代制
日勤  08:30~17:00
夜勤  16:20~09:20

その他:早出勤務・遅出勤務あり
2.休日 週休二日制
祝日・年末年始・舞鶴赤十字創立記念日6月1日
3.休暇 年次有給休暇、夏季休暇、特別有給休暇(慶弔・その他)
4.初任給 基本給  初任給 194,200円~209,100円
      (経験加算あり)
その他  夜勤手当・通勤手当・住居手当等
5.昇給 年1回
6.賞与 年2回(6月・12月、4.2ヶ月 ※前年度実績)
7.退職金 日赤退職金支給規程による
8.その他 採用にあたって希望者には”看護力再開発研修”も行っております。

待遇条件待遇条件

働きやすい職場つくり 
育児短時間制度 小学校に就学するまでの子を養育するため、勤務時間を短縮することが可能です。
休暇制度 子の看護休暇、介護休暇 有り
院内保育所 6か月~6歳まで利用できます。
遅出勤務時の延長保育も相談可能。
職員専用駐車場
駐輪場
病院敷地内にあります。
住居手当 一人暮らしも安心。
最大28,500円/月 住居手当が支給されます。
病院で、1ルームアパートを借り上げることも可能。
クラブ活動 ・フットサル・野球・ソフトボール・テニス(硬式、軟式)・バレーボール・卓球・陶芸教室 
親和会(互助会)

会員対象の納涼会、新年会
クリスマスプレゼントあり。
その他、イベントあり。(一泊旅行など)
詳細は0773-75-8046までお気軽にお問合わせください

院内設備 レストラン、売店あり。(職員割引あり)

 

待遇条件待遇条件


看護学生向けインターンシップ
インターンシップのご案内

当院の看護や職場の雰囲気を体感し、インターンシップに参加して自分が働く姿をイメージしてみませんか?

日時

内容

備考

 

9時~15

 

※当院創立記念日
  
61日
  土日祝を除く

 

・当院の看護概要
・就業説明
・院内見学
・病棟での看護体験

         など

 

・看護系大学・専門学校の最終学年か、
 又は前の年にあたる学生が対象
・参加費は無料
・交通費・宿泊費は個人負担
・持ち物:学生証、名札、筆記用具、実習用ユニフォーム、ナースシューズ

・昼食は各自でご準備ください

※レストラン・売店あり

☆アクセス:ホームページの交通案内をご参照ください
☆応募方法:申込み用紙をダウンロードし、下記メールまたはFAXで申込みください。
☆参加人数:16人まで
☆お尋ねになりたいことなどあれば、お気軽にお問い合わせください。
☆学校を通じて申込む場合には、担当教員様から事前に電話連絡をお願いします。
☆看護学生の奨学金制度の説明は、当院にお問い合わせください。

※奨学金希望者への説明は、保護者の同伴が可能です。

〒624-0906 
舞鶴市倉谷427番地
舞鶴赤十字病院
TEL:0773-75-4175(代)
FAX:0773-76-3724(代)

◎看護体験プログラムのお問い合わせ
 舞鶴赤十字病院 看護部 里見
 メールアドレス:ed-metro@maizuruh.jrc.or.jp
◎奨学金制度のお問い合わせ
 舞鶴赤十字病院 総務課 坂根

高校生向け看護体験プログラム
将来看護師を目指すあなたへ

舞鶴赤十字病院の看護部では、看護師になりたいと考えている高校生の皆さんにむけて、病院内や看護師の仕事を見学する体験プログラムを実施しています。

春・夏・冬のお休みを利用し参加してみませんか?

日時

内容

備考

 

9時~12

 

※当院創立記念日61日、

土日祝日を除く

赤十字とは?
・ボランティアに役立つミニ講座
・看護師の仕事とは?
・病棟での看護体験
・将来看護師を目指す方へのアドバイスや質問コーナー等
※体験者の希望考慮し随時対応

・高校生が対象です
・参加費は無料
・交通費・宿泊費は個人負担
・持ち物: 学生証、名刺
スニーカー(できれば白色)
・白色のストッキング(女性)
※白衣はこちらで準備します

☆アクセス: ホームページの交通案内をご参照ください。
☆応募方法: 申込用紙をダウンロードし、下記メールまたはFAXで送り下さい。
☆参加者人数:14人まで
☆お尋ねになりたいことなどあれば、当院にお問い合わせください。
☆学校を通じて申込む場合には、担当教員様から事前に電話連絡をお願い致します。

 ※看護学生の奨学金制度の説明は、当院にお問い合わせいただければ、随時実施致します。
なお、奨学生希望者への説明は、保護者の同伴が可能です。

お問い合わせ

〒624-0906 
舞鶴市倉谷427番地
舞鶴赤十字病院
TEL:0773-75-4175(代)
FAX:0773-76-3724(代)

◎看護体験プログラムのお問い合わせ
 舞鶴赤十字病院 看護部 里見
 メールアドレス:ed-metro@maizuruh.jrc.or.jp
◎奨学金制度のお問い合わせ
 舞鶴赤十字病院 総務課 坂根

お申し込み・問い合わせ
TEL: 0773-75-4175  FAX:0773-76-3724
E-Mail: ed-metro@maizuruh.jrc.or.jp
教育担当まで