整形外科

外来担当医表


1診
(新患)
片山
(受付枠制限有※1
山元大石1,4週 山元
2,5週 市橋
3週 大石
市橋
2診大石
(予約)
片山
(1,3,4週)(予約)
片山
(予約)
3診仲川
(新患)
仲川
(予約)
市橋
(1,2,3,5週)(予約)
仲川
(予約)
4診山元
(予約)

1診片山
(予約)
山元
(予約)
大石
(予約)
2診大石
(予約)
片山
(1,3,4週)(予約)
3診
受付時間
   
8時15分~11時30分まで
  • ※1 月曜1診(片山医師)は原則15名枠ですが、予約診察の都合によりその日の受付枠が変動する場合があります。
   
診察時間
   
午前:8時45分~
午後:1診(予約14:30~)
2診(予約13:30~)

代診のご案内

  • 令和6年2月26日(月)

仲川医師が不在のため、担当医師が診察いたします。

    (予約との混合診察となりますので診察までにお時間を頂戴いたします。)


  • 令和6年3月29日(金)

市橋医師が不在のため、大石医師が診察いたします。

休診のご案内

現在ございません。

ロボティックアーム「Mako」システムによる人工膝・股関節全置換手術を開始しました

当院ではこのたび、舞鶴市の支援を受け、日本で初めて承認された整形外科におけるロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」を導入し、2023年6月22日から、人工股関節全置換および人工膝関節全置換の手術を保険診療で行っていただけることになりました。同システムの導入は京都府では当院が初となります。
ロボティックアームとは、一般に「人の手の代わりに作業を行う機械の腕(アーム)」のことで、自動で動くものや人が操作して動かすものなどがあります。このたび当院で導入したロボティックアームは、術中に医師が操作をして動かすもので、人工関節を設置する際に傷んだ骨を削るために使われます。ロボティックアームは、治療計画にない部位にさしかかると止まる仕組みになっており、計画外の動きを制御することで、安全かつ正確な手術を可能にします。
これまでの研究において、ロボティックアームを用いて人工関節全置換術を行うと、人工関節の設置精度の向上が認められ、さらに人工股関節全置換術では術後の脱臼率の低減、人工膝関節全置換術では疼痛の低減などのメリットが期待できるとの結果が出ています。
変形性股関節症や変形性膝関節症などで悩む患者さんが、人工関節全置換手術後、健康的な生活を送っていただけるよう、当院では今後積極的にロボティックアームを用いた手術を行ってまいります。

Makoシステム

膝関節用ロボティックアーム(左) カメラスタンド(中央) ガイダンスモジュール(右)

人工股関節全置換術実施時

人工膝関節全置換術実施時