放射線科部

放射線技術課へようこそ!

当放射線技術課では、診療放射線技師6名のスタッフで一般撮影、CT検査、MRI検査、透視検査等を中心に各放射線業務を行っています。画像はデジタル化され、精度の高い検査が可能となり、各診療科における診断・治療のサポートを行っております。知識・技術の向上はもとより、患者さまの安全を最優先に考え、迅速かつ最適な画像情報を提供できるよう取り組んでおります。

医療用放射線の安全利用についての取り組み

当院のCT装置は、日常点検、定期点検を行い、装置の精度管理に努めています。最適な撮影条件になるよう医療被ばく研究情報ネットワークのガイドラインに準じて線量管理を取り組んでおりますので、安心して検査をお受けください。

各種認定

  • マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
  • マンモグラフィ検診施設画像認定

設置機器

  • 一般撮影装置 2式
  • X線透視装置
  • 骨密度測定装置
  • 乳房X線撮影装置
  • 血管造影撮影装置
  • ポータブル撮影装置
  • 外科用イメージ装置
  • 80列マルチスライスCT装置
  • 1.5テスラMRI装置
  • PACS
  • RIS

80列マルチスライスCT(キヤノン)

放射線を使用し、内部の断面画像を短時間に撮影できる装置です。

SONY DSC

骨密度測定装置(GE)

腰椎と股関節で骨密度を測定します。

1.5テスラMRI装置(キヤノン)

磁場と電波を使用し、体内の任意の断面が撮影できる装置です。

乳房X線撮影装置(日立)

乳腺外来・ドック・住民健診などで乳房を撮影する装置です。

X線透視装置(キヤノン)

胃透視等の消化管造影検査、肝・胆・膵臓の造影検査、整形外科造影検査等に使用します。

SONY DSC

血管造影撮影装置(東芝)

血管内に造影剤を注入し、血管を描出します。主に心臓カテーテル検査等を行います。