部門案内

リハビリテーション科部

リハビリテーションとは

 「リハビリテーションとは障害者が一人の人間として、その障害にもかかわらず人間らしく生きることができるようにするための技術及び社会的、政策的対応の総合的体系であり、単に運動障害の機能回復訓練の部分だけをいうのではない。」
《厚生省・厚生白書(1981年)》

 基本動作能力の回復等を目的とする理学療法や、応用的動作能力、社会的適応能力の回復等を目的とした作業療法、言語聴覚能力の回復等を目的とした言語聴覚療法等の治療法により構成され、いずれも実用的な日常生活における諸活動の実現を目的として行われるものです。

理学療法部門

理学療法(PT)とは、検査、測定/評価に基づき、何らかの疾病、障害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対して運動療法、物理療法により 改善を図る治療科学です。また、能力障害が残ったとき、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくする ための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなどが含まれます。

作業療法部門

作業療法(OT)とは、身体または精神に障害のある方、またはそれが予測される方に対し、その主体的な活動の獲得を図るため、諸機能の回復、維持および開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行うものです。

言語聴覚療法部門

言語療法(ST)とは、ことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援します。また、摂食嚥下の問題にも専門的な対応を行うものです。

 
当院におけるリハビリ機能

当院のリハビリテーションは「人道・博愛」のもと、「全ての人々に尊厳を」をスローガンとして、整形外科疾患、神経筋疾患、呼吸疾患の急性期、回復期、維持期、在宅など幅広く継続的に連携のとれたリハビリテーション医療を提供しています。

中丹地域リハビリテーション支援センター

中丹圏域における地域リハビリテーション広域支援センターとして、京都府より委託され、相談受付、訪問指導、研修会、情報提供などの業務を通じて地域医療に貢献しています。

(研修会)
(訪問指導)
(家族指導)

中丹地域リハビリテーション支援センターホームページ

スタッフ紹介
職 名 氏 名 資格取得年 その他資格
理学療法士
課長
小幡 彰一 昭和63年 介護支援専門員・呼吸療法認定士
理学療法士 
課長
水嶋 祐史 平成6年 日本ボバース研究会B会員
理学療法士 
係長
眞下 英明 平成9年 介護支援専門員・専門理学療法士(神経系)
理学療法士
係長
久保 綾子 平成14年 福祉住環境コーディネーター2級
理学療法士 千坂 仁志 平成13年  
理学療法士 原 秀美 平成17年 福祉住環境コーディネーター2級
理学療法士 竹田 鋭生 平成18年 日本ボバース研究会B会員
理学療法士 齊藤 望 平成18年   
理学療法士 水口 聡信 平成19年  
理学療法士 埜村 彩 平成19年  
理学療法士 阿部 由平 平成20年  
理学療法士 澤田 浩至 平成21年  
理学療法士 木俣 裕行 平成22年 福祉住環境コーディネーター2級
理学療法士 高橋 雄吾 平成24年  
理学療法士 山田 洸大 平成25年  
理学療法士 千歳 耕平 平成25年  
理学療法士 青木 敏晃 平成25年  
理学療法士 川中 マリ子 平成25年  
理学療法士 臼井 佑太 平成26年  
理学療法士 北澤 啓史 平成27年  
理学療法士 山下 美優 平成27年  
理学療法士 北井 拳 平成27年  
理学療法士 田歌 麻衣 平成28年  
理学療法士 本田 将梧 平成29年  
理学療法士 髙見 菜々子 平成29年  
作業療法士 
係長
高岡 祥子 平成11年 福祉住環境コーディネーター2級・介護支援専門員
作業療法士 岩本 由美子 平成9年  
作業療法士 岡田 芳美 平成17年 認知症ケア専門士
作業療法士 今田 恭典 平成20年   
作業療法士 渡邊 千尋 平成20年   
作業療法士 川崎 啓太 平成21年  
作業療法士 澤田 詩織 平成25年   
作業療法士 井関 圭太 平成26年   
作業療法士 森野 花梨 平成27年   
作業療法士 北山 寛子 平成27年   
作業療法士 武田 莉枝 平成29年  
言語聴覚士 
係長
中島 素子 平成12年   
言語聴覚士 山下 茜 平成24年   
言語聴覚士 西田 夢生 平成27年  
言語聴覚士 仁張 和士 平成28年  

理学療法士 25名、作業療法士 11名、言語聴覚士 4名   計 40名
更新日:平成29年4月1日

回復期リハビリテーション病棟について

東館(回復期リハビリテーション病棟)に関しては、
こちらをご覧下さい。