入院のご案内

入院のご案内

この「入院のごあんない」は、入院に際しての手続き、入院生活の約束事などについてご案内しています。
患者さまの権利とパートナーシップ

患者さまは、人間としての尊厳を守られ、医療を受ける権利を持っています。 舞鶴赤十字病院は、赤十字理念「人道・博愛」のもと、「生命と健康を守る」ことを使命として、患者さまの医療に対する主体的な参加を支援します。
 

患者さまの権利
  1. どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 病気・検査・治療・見通し等について、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで 十分な説明を受け、自らの意思で治療計画について選択する権利があります。
  3. ご自分の意思で治療方法を選択することが困難な場合には、意思決定できるよう支援される権利があります。
  4. 他の医師等の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  5. 診療の過程で得られたプライバシーは守られ、または病院内での私的な生活も可能な限り守られる権利があります。
 
患者・医療従事者パートナーシップ
  1. 的確で円滑な診断や治療を受けていただくため、医療提供者に対して自分の健康に関する正確な情報の提供をお願いします。
  2. 合意された治療方針に基づく検査・治療には、主体的に取り組み、健康回復に努めていただきますようご協力下さい。
  3. 病院内では多くの患者さまに医療を提供しています。他の患者さまの療養生活に支障のないよう院内規約を守って下さい。
入院決定、入院取り消し

入院は外来や救急等で診察を受けた後、患者さま・ご家族の同意のもと医師の判断により決定されます。
予約入院等で入院の取り消しや入院日の変更を希望される場合は、速やかに本館1階受付(医事課)までご連絡ください。

入院生活について
入院に必要なもの
01
入院当日にご用意・提出していただくもの
本館1階受付 「医事課」に提出
  1. 入院申込書
  2. 健康保険証
  3. 福祉医療券・減額認定証・その他の公費証明証
入院時に「病棟」に提出
  1. お薬手帳
  2. 現在服用中のお薬
02
洗面、洗髪用具
洗面器、歯ブラシ、石鹸、電気力ミソリ、くし、シャンプー等
03
食器類
おはし、コップ、スプーン、水筒等
04
日用品
ねまき、下着、バスタオル、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、運動靴(着脱しやすいもの)等
なお、「おむつ」は患者さまの特性に合った製品を看護師・他医療従事者が選択し、ご提供します(有料)
当院では入院生活に必要な身のまわり品(ねまき・タオル等)を衛生管理及び患者さまご家族の負担軽減のために専門業者に委託し有料にて準備させて頂いております。
詳しくは院内にパンフレットがありますので、受付へお問い合わせください。
入院生活・入院中の注意事項
1.守っていただきたいこと
医療は医療者側と患者さま及びご家族が協力して、相互信頼関係のもとに成り立っています。 以下のような具体的行為があり、医師・看護師および他の病院職員の指示等に従って頂けない場合は、入院の継続治療を中止のうえ退院をして頂くこともあります。
  1. 医師・看護師および他の病院職員に対する暴言・暴力・セクシャルハラスメン卜
  2. 他の患者さまの治療や療養に支障をきたす行為
  3. 治療・看護等の診療業務に正当な理由なく拒否する行為
  4. 療養上必要な衛生保持、食事時間等のルールを守らない行為
  5. 主治医が入院治療の継続が困難と判断した場合
  6. その他、社会生活のモラルに反する行為
2.飲酒・喫煙
入院中、お酒は飲めません。
■病院敷地内は全面禁煙となっております。
(病院駐車場での喫煙もできません!)
付添い

付添いは原則としてお断りしておりますが、患者さまの年齢や病状等により希望される場合は、主治医又は病棟師長にご相談ください。

駐車場
院内駐車スペースが大変不足しておりますので、
入院患者さまの院内駐車場への駐車は固くお断りいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

面会案内

面会できる時間は【 13時~20時】となっております。
 治療と安静のため上記以外は、お断りいたします。ただし、急用の方などはナースステーションへお申し出ください。
ご面会の方は病室へお入りの前に必ずナースステーションへお立ち寄りください。
病院館内及び敷地内(駐車場含む)は禁煙です。
土曜、日曜、祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日)、舞鶴赤十字病院創立記念日(6月1日)は本館正面玄関及び東館1階が閉まっております。夜間救急出入口をご利用ください。
食事はすべて病院で用意する治療食となります。ご自宅からの持込はご遠慮ください。
 一度に多数の方の面会は、感染予防の問題や他の患者さまの迷惑となりますのでご遠慮ください。
 患者さまの病状により面会をお断りする場合がありますのでご了承ください。
 酒気帯びでの面会は固くお断りいたします。

盗難の予防

盗難防止のため、貴重品や多額の現金は持参しないで下さい。やむを得ない場合は、 各ベッドに備え付けの床頭台内にセーフティーボックスを設置しておりますので、 施錠の上ご利用ください(ご利用は無料です)。
 セーフティーボックスの鍵を紛失・破損された場合は、患者さまの負担により弁償していただきます(実費2,000円)。

部屋

人部屋が標準となっています。
個室・大部屋の希望を伺いますが、病床運営や他の患者さまの病状等により、ご希望に沿えない場合もありますのでご了承ください。
個室は希望により利用できます。ただし、治療のために個室の必要な方が優先となり、必要に応じて転室をお願いする場合があります。
個室利用者は別に個室料金が必要となります(下記室料料金表をご参照ください)。
病棟の運営上、患者さまの了解を得た上で病棟や病室をお移りいただくことがあります。
入院していることを他の方に知られたくない方は(病室前の氏名表示、入院の問合せ等)、 病棟看護師に申し出ください。

室料料金表
本館(一般病棟・地域包括ケア病棟)
病棟 部屋種類 部屋料金 病室番号
3階病棟 個   室 8,640円 301 302        
4,970円 320 321 322 323 325 326
3,020円 315 316 317 318    
大 部 屋 0円 303
311
305
312
306
313
307 308 310
ハイケア室 0円 327 328        
4階病棟
個   室 8,640円 401 403        
4,970円 433 435 436 437 438 451
3,020円 417 418 430 431    
大 部 屋 0円 405
413
406
415
407
416
408 410 411
個   室 3,020円 453 455        

5階病棟

個   室 8,640円 501 502        
4,970円 520 521 522 523 525 526
3,020円 515 516 517 518    
大 部 屋 0円 503
511
505
512
506
513
507 508 510
ハイケア室 0円 527 528        

※4階病棟は 「地域包括ケア病棟」です。

東館(回復期リハビリテーション病棟)
病棟 部屋
種類
部屋料金 病室番号
東3階
病棟
個室 12,960円
301
         
8,640円
305

306
       
7,560円
307

308

310
     
6,480円
313

315
       
2人
部屋
2,160円
311

312
       
大部屋          0円
302

321

303

322

316

323

317

318

320

※部屋の料金は税込み金額です。
※部屋の料金は1日あたりの金額です。
※入院日、退院日の時間に関わらず1日分となります。
※東館2人部屋は1人あたりの金額になります。
※部屋の料金は、ホテル等の宿泊計算とは異なり、午前0時を起点に日数計算いたします。
(1泊2日の入院の場合、部屋の料金は2日分で計算することになります。)

食事
配膳時間
朝食:8時頃
昼食:12時頃
夕食:18時頃


食物によるアレルギー等がある方は、医師又は看護師に申し出ください。
医師の指示により患者さまの病状にあわせた食事を準備しております。 特に治療食の患者さまは病院食以外を召し上がると治療に差し障りますので、 食べ物の持ち込みや、患者さま同士の食べ物の交換等はしないでください。
食事はできるだけ温かい(冷たい)うちにお召し上がりいただき、常温で長時間放置することのないようお願いいたします(食中毒防止のため)。

入院中の外出、外泊

外出・外泊を希望される場合は、必ず主治医の許可を得て所定の用紙を看護師に提出してください。
外出・外泊から戻られた時は看護師にお伝えください。

安全のためのお願い
リストバンドについて

患者さまがご本人であることを確認するために、ご了承を得た上でバーコード付きのリストバンドをつけていただいております。リストバンドは患者さまの氏名、年齢等がプリントされていますので、装着時に再度ご自身でご確認ください。
お薬を渡す時、点滴や輸血をする時、手術を受ける時、検査・採血をする時、配膳をする時などに確認をしています。職員と一緒に安全確認にご協力ください。

転倒・転落のご注意

患者さまの病気や状態によっては、転倒・転落の危険が生じることがあります。必要に応じてベッドの工夫や部屋の移動、薬剤の使用、離床センサーの設置などの危険防止策を行うことがあります。また、危険が予想される場合は、ご家族の付き添いについて、相談させていただくこともございます。

感染対策について

重傷の患者さまは抵抗力が低下しているため病院感染が発生しやすくなります。手洗いの励行やマスクの着用にご協力下さい。また、体調が悪い方は面会をお控えいただきますようお願いいたします。
マスクの自動販売機を外来ピアノ横、本館1階夜間出入口、4階病棟、東館1階に設置しております。

その他

ナースコールはベッド・トイレ・浴室に取り付けてありますので、必要に応じて利用してください。
入浴やシャワーは主治医の許可を得てください。
人または2人部屋の患者さまは、テレビ・ラジオの音量等に注意し、イヤホンを使用してください。
病室内での裁縫や手芸は「針」が寝具類に紛れ込むことがあり危険ですのでしないでください。
病室内では静かにし、常に清潔を保つようにしてください。
病院内でのカメラ・携帯電話・タブレット等での写真や動画の撮影は偶然の写り込みも含め、来院者等の肖像権およびプライバシー権等の侵害となりますのでご遠慮ください。
電気こたつ等の使用を希望される方は看護師に申し出ください。
消灯時聞は21時となっていますのでご協力ください。
ごみは所定の場所に捨てて下さい(ごみの分別にご協力をお願いします)。
避難通路・非常口は入院時に確認し、火災等非常時の場合は職員の指示に従ってください。
院内での携帯電話の「禁止区域」は、以下の場所です。
手術室
各科外来診察室
中央処置室
医療機器を使用している病室
※職員は医療機器に影響のない院内専用のPHSを使用しております。
当病院や職員の設備・備品を破損された場合は弁償していただきます。
職員に対する心づかいは固くお断りいたします。
入院中お気づきのことや疑問がありましたら、どのようなことでも結構ですので、 病棟師長または職員に申し出ください。

地域医療連携課・医療相談

当病院では 「地域医療連携室」 を設置しております。下記の件についてご相談がありましたら、遠慮なくお申し出ください。

回復期リハビリテーション病棟への入院に関すること
地域包括病床への入院に関すること
治療や退院、医療費に関すること
他の病院や診療所・医院への受診や転院に関すること
施設入所、在宅介護、介護保険に関すること
かかりつけ医に関すること
その他の苦情など
当院入院中は、他医療機関での診療や投薬を受けることは原則できません。ただし、当院で行う事ができない専門的治療が必要な場合は、当院主治医の了解を得て受診することを認めております。
当院入院中に他医療機関での診察や投薬を希望される場合は、必ず病棟師長までお申し出ください。
退院、入院費用の支払い
退院時間は原則午前10時となっております。どうしても都合のつかない方は、病棟師長にお申し出ください。
退院時には退院前に請求書をお渡ししますので、1階受付(医事課)でお支払いを済ませてからお帰りください。
■入院中の方の請求書は、月末に締め切り、翌月10日以降にお渡ししますので、1階受付(医事課)でお支払いください。
入院中に健康保険証等に変更が生じた場合は、速やかに1階受付(医事課)までご連絡ください。
伝票整理の遅れなどで、退院後に追加請求をさせていただくこともありますので、その節はご了承ください。
夜間・休日のお支払いは、救急窓口で取り扱っております。
クレジッ卜・デビット等の力一ドによる支払いは、現在取り扱っておりません。
高額療養費制度
申請・交付手順
(1) 70歳未満の方は各保険者へ事前に申請の手続きを行います。
(2) 各保険者にて限度額適用認定証(入院のみで使用可)が交付されます。
(3) 医療機関へ限度額適用認定証を提示すると、入院等に係る窓口負担が、月単位で一定の限度額にとどめられ多額の現金を支払う必要がなくなります。
(4) 交付された限度額適用認定証は、速やかに1階受付へご提示ください。
70歳未満の方
健康保険証のみお持ちの方
(1) 保険者へ限度額適用認定証の申請
(2) 保険者が限度額適用認定証の交付
(3) 医療機関へ限度額適用認定証を提示
【一定の限度金額を支払う】
自己負担限度額(月単位)
所得区分 適用
区分
自己負担限度額
年収約1,160万以上
(標準報酬月額83万円以上)
252,600円+
(医療費-842,000円)×1%
年収約770~1,160万円
(標準報酬月額53万~79万円)
167,400円+
(医療費-558,000円)×1%
年収約370~約770万円
(標準報酬月額28万~50万円)
80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
年収約370万円以下
(標準報酬月額26万円以下)
57,600円
低所得者(住民税非課税) 35,400円
※「医療費」とは保険診療にかかる医療費の総額 (10割) です。
※食事代や保険診療外のもの(個室料・文書料・保険診療外の治療費など) は別途費用がかかります。

 

包括医療費支払い制度(DPC)について
非常時の対応
当院では、火災をおこさないように常に整備・点検をしております。しかし、万が一火災等が起きた時には次のことに注意してください。
入院されたら、各病室に掲示してある避難経路・非常口の確認をしてください。
地震がおきたり、非常ベルが鳴っても慌てて外へ飛び出したりせず、必ず看護師の指示に従ってください。
ご自身で歩くことのできる患者さまから優先して避難していただきます。その場合、けがをしないようスリッパではなく靴等をはき、火元より遠ざかる方向、また風上の避難口の方へ移動してください。煙が充満するおそれもあります。タオル等で口を覆い、身体を低くして慌てないで誘導に従い避難してください。
エレベータは停電等で止まります。絶対に使用しないでください。
避難された方は、人数を確認しますので避難場所から離れないでください。

※火の元には十分注意して普段より火災・地震等に備え準備しておいてください。
個人情報の保護について

当病院では患者さまの個人情報の保護に万全の体制をとっています。
当病院は個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っております。
個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、下記窓口までお気軽に申し出ください。

当病院における患者さまの個人情報の利用目的
1.院内での利用
  1. 患者さまに提供する医療サービス
  2. 医療保険事務
  3. 入退院などの病棟管理
  4. 会計・経理
  5. 医療事故等の報告
  6. 患者さまへの医療サービスの向上
  7. 院内医療実習への協力
  8. 医療の質の向上を目的とした院内症例研究
  9. その他、患者さまにかかる管理運営業務
2.院外への情報提供としての利用
  1. 他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、 介護サービス事業者等との連携
  2. 他の医療機関等からの照会への回答
  3. 患者さまの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  4. 検体検査業務等の業務委託
  5. ご家族等への病状説明
  6. 保険事務の委託
  7. 審査支払機関へのレセプトの提供
  8. 審査支払機関または保険者からの照会の回答
  9. 事業者等から委託を受けた健康診断にかかる、事業者等へのその結果通知
  10. 医師賠償責任保険等にかかる、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談又は届出等
  11. その他、患者さまへの医療保険事務に関する利用
3.その他の利用
  1. 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  2. 外部監査機関への情報提供
  3. 日本赤十字社及び日本赤十字各施設への情報提供
    • ■上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、 その旨を担当窓口まで申し出ください。
    • ■申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
    • ■これらの申し出は、後からいつでも撤回・変更等をすることができます。
    • ■上記は改善する必要に応じて随時見直し、更新をおこないます。
お問い合わせ窓口はこちら
舞鶴赤十字病院
TEL0773-75-4175

病院内の施設
■各ベッド毎に設置
■専用カード要
■各ベッド毎に設置
■専用カード要

■本館2階コインランドリー
■専用カード要、又は硬貨

※テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機を利用される方は、各病棟のデイルームで専用力ードを販売しておりますので、購入のうえご利用ください。
※カードの払い戻し機は 3階・5階・東3階病棟のデイルームに設置してあります。
※洗濯機、乾燥機は硬貨でもご利用いただけます。

京都北都信用金庫ATM 1階玄関ホール【平日9時~18時】

本館1階(グリーンリーブスモール)

■平日【8時~19時30分】
■土日祝日【8時30分~17時】
※創立記念日6月1日含む
(年末年始は不定休)

東館1階(ラベンダー)

■平日【9時~17時】
■土日祝日[6月1日、12月29日~1月3日]【休業】

本館玄関ホール/各病棟

 夜間・救急出入口前