病院指標

舞鶴赤十字病院 HOME >病院指標 >平成29年度 舞鶴赤十字病院 病院指標

平成29年度 舞鶴赤十字病院 病院指標

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 20 21 29 55 110 377 654 586 181

【定義】退院患者数に自費・自賠責・労災等保険外診療を除いています。また、入院から24時間以内に亡くなられた患者数も集計対象外としております。
【解説】 当院の入院診療科は内科(循環器内科・神経内科・消化器内科)・外科・整形外科・皮膚科・眼科となっています。近隣地域(京都府中丹医療圏)の特性上、人口における65歳以上の人口割合が増加しているため入院患者の割合としても70歳以上の患者数が約70%を占める状況となっております。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科 

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 42.17 17.71 8.70% 86.87
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり A-DROP スコア2 18 37.89 18.18 5.56% 87.33
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 28.83 20.83 5.56% 87.39
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16 9.56 5.15 0.00% 73.31
110310xx99xx0x

腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし

15 19.20 12.34 6.67% 76.47

【定義】 各診療科に患者さんの多い症例分類について14桁のDPCコード、名称、患者数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を表示しております。一入院期間で別の科へ転科した患者さんについては、主となる診療科は医療資源を最も投入した傷病の主治医が所属する科で集計し、同じ疾患に対して複数科で診療を行った場合も、DPC調査データに登録されている診療科で集計をしております。
【解説】 当院では集計の都合上、循環器内科と消化器内科を合わせて内科としております。地域の特性上高齢者の入院が非常に多くなっております。心臓の機能が低下し、体に十分な血液を送り出すことができなくなった状態を「心不全」と呼び、内科では心不全の治療が最も多くなっております。

 外科 

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 11 7.64 7.01 0.00% 56.73
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 18.10 8.98 0.00% 76.70
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 9 5.89 7.40 0.00% 65.44
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 8 3.13 6.83 0.00% 69.00
060035xx01000x

結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし

7 16.29 15.61 0.00% 75.00

 【定義】 各診療科に患者さんの多い症例分類について14桁のDPCコード、名称、患者数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を表示しております。一入院期間で別の科へ転科した患者さんについては、主となる診療科は医療資源を最も投入した傷病の主治医が所属する科で集計し、同じ疾患に対して複数科で診療を行った場合も、DPC調査データに登録されている診療科で集計をしております。
【解説】 虫垂炎は最も多く発症する年代は10~20歳代ですが、幼児や高齢者で発症する患者さんも居られます。当院の平均年齢は50歳代となっております。


整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等

64

57.59

27.09 21.88% 83.39
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし

52

26.02 17.28 0.00% 72.71
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 43 31.63 19.94 2.33% 78.84
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 42 52.33 25.09 0.00% 76.57
07040xxx01xxxx

股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等

31 48.77 23.14 3.23% 72.61

 【定義】 各診療科に患者さんの多い症例分類について14桁のDPCコード、名称、患者数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を表示しております。一入院期間で別の科へ転科した患者さんについては、主となる診療科は医療資源を最も投入した傷病の主治医が所属する科で集計し、同じ疾患に対して複数科で診療を行った場合も、DPC調査データに登録されている診療科で集計をしております。
【解説】 非常に多岐に渡った整形外科疾患に対応しておりますが、なかでも転倒による大腿骨骨折や脊椎疾患が多く、患者さんの平均年齢も非常に高くなっております。


皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8 9.00 8.95 0.00% 73.13
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2 あり - 28.50 33.38 0.00% 80.00
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 13.00 11.73 0.00% 80.00
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - 2.50 4.14 0.00% 44.00
070010xx970xxx

骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし

- 5.50 4.86 0.00% 62.00
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 8.00 3.58 0.00% 67.00
070041xx97x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし - 14.00 11.46 0.00% 85.00

 【定義】 各診療科に患者さんの多い症例分類について14桁のDPCコード、名称、患者数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を表示しております。一入院期間で別の科へ転科した患者さんについては、主となる診療科は医療資源を最も投入した傷病の主治医が所属する科で集計し、同じ疾患に対して複数科で診療を行った場合も、DPC調査データに登録されている診療科で集計をしております。
【解説】 当院で最も多い疾患が帯状疱疹ですが、症状としては身体の一部にピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状に現れます。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
100080xx97x000 その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - 9.00 7.06 0.00% 68.00
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし - 6.00 15.47 0.00% 15.00

【定義】 各診療科に患者さんの多い症例分類について14桁のDPCコード、名称、患者数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を表示しております。一入院期間で別の科へ転科した患者さんについては、主となる診療科は医療資源を最も投入した傷病の主治医が所属する科で集計し、同じ疾患に対して複数科で診療を行った場合も、DPC調査データに登録されている診療科で集計をしております。
【解説】 当院では短期滞在手術(短期間で退院できる手術が適用の疾患)である白内障の患者さんが大多数を占めており、DPCが適用される疾患については非常に少なくなっております。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数


 

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 9 - 6 - 19 - 1 7
大腸癌 - - 11 19 4 - 1 7
乳癌                
肺癌       - - - 1 7
肝癌                

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】 治療前のUICC・TMN分類でステージを分類しており、術後の病理検査などによるステージとは異なります。Stage0(上皮内がん)は集計の対象から除外されております。「初発」とは初めてがんの診断が為された場合や、初回治療を実施した場合です。「再発」は、初回の一連治療が終了後に追加治療もしくは再発治療を行った場合です。患者数は延べ入院回数(1人の患者さんが一連の治療のために複数回入退院を繰り返した場合はその入院回数分を計上)となっております。例えば、化学療法のために短期入院を繰り返した場合の延べ入院回数を含みます。不明項目にはがんの診断やステージを判断するための検査入院が含まれております。
【解説】 当院は胃癌や大腸癌の患者さんが多くなっておりますが、消化器内科による内視鏡検査での治療に積極的に取り組んでいるためです。また、緩和ケアチームによる、治療が困難とされたがん患者さんの苦痛を和らげQOL(生活の質)を高める緩和ケアの体制を整えております。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。
 


成人市中肺炎の重症度別患者数等


  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 10.50 54.20
中等症 53 43.81 83.55
重症 9 25.67 85.22
超重症 - 16.00 91.00
不明      

【定義】 成人(20歳以上)で、入院の契機(きっかけ)となった病名と医療資源を最も投入した病名(DPC請求病名)がともに市中肺炎の患者さんの数です。A-DROP「A:Age(年齢)、D:Dehydration(脱水状態)、R:Respiration(呼吸状態)、O:Orientation(意識状態)、P:Pressure(血圧)」の5項目のスコアによる該当点数(0~5点)で重症度の分類をしています。不明には意識障害について、肺炎によるものか他の要因によるものか判定できないものがあります。
【解説】 市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。当院では中等症の肺炎患者数が多い傾向にあり、平均年齢が高くなるにつれ在院日数が長期化する傾向にあります。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。


脳梗塞のICD10別患者数等


ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内        
その他        
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内        
その他        
I63$ 脳梗塞 3日以内 10 59.80 80.00 18.18%
その他 - 7.00 85.00 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内        
その他        
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内        
その他        

【定義】 一般病棟へ入院された患者さんを集計しており、直接地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟へ入院された患者さんは除外しております。発症からの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計した数値です。
【解説】 脳梗塞とは、脳に栄養を運ぶ動脈の閉塞(血管の詰り)、または狭窄のため、脳に血液が行き渡らず(脳虚血状態)、脳組織が酸素や栄養の不足により壊死または壊死に近い状態になることを言います。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれることがあります。当院は発症から3日以内の急性期の症例が主であり、急性期の患者さんに対して早急に対応しております。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル未満)
103 0.21 1.19 0.00% 69.62
K688 内視鏡的胆道ステント留置術

15

3.80 14.67 6.67% 70.13
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル以上)
12 0.08 2.42 0.00% 68.92
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層)
10 0.90 10.40 0.00% 75.70
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 6 3.33 17.83 0.00% 75.83

 【定義】 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しております。同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たる手術のみをカウントしています。複数の診療科に転科しそれぞれの科で手術を実施した場合、DPCの統計上術前日数は主たる手術と判断した手術で集計を行っております。また、輸血関連、創傷処理(いわゆる縫合処置)、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、及びすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は除外)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から退院日まで(手術日当日は除外)で計算しております。「転院」については、退院先が他の病院や診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院患者数で転院率を算出しております。
【解説】 当院の集計の都合上、循環器内科・神経内科・消化器内科が全て内科として表示されており、上位5症例は全て消化器内科での事例となります。大腸ポリープの切除術が最も多く、内視鏡カメラを使用して切除術を実施しております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K6335 ヘルニア手術(鼡径ヘルニア) 14 0.93 5.21 0.00% 70.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 1.00 4.00 0.00% 64.21
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 7 4.71 11.14 0.00% 75.71
K657-22 腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍手術) 5 1.60 13.80 0.00% 73.40
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) - 1.67 50.00 0.00% 72.00
K7434 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術) - 1.00 3.00 0.00% 57.67

 【定義】 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しております。同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たる手術のみをカウントしています。複数の診療科に転科しそれぞれの科で手術を実施した場合、DPCの統計上術前日数は主たる手術と判断した手術で集計を行っております。また、輸血関連、創傷処理(いわゆる縫合処置)、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、及びすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は除外)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から退院日まで(手術日当日は除外)で計算しております。「転院」については、退院先が他の病院や診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院患者数で転院率を算出しております。
【解説】 当院では腹腔鏡下(体幹皮膚に内視鏡カメラを挿入するための数ミリの穴を開け、腹腔内にカメラを挿入する)での手術症例が上位を占めており、今後も増加することが予測されます。腹腔鏡手術は手術による体への負担(傷)が少なく、術後の痛みも開腹手術に比べ軽いため、早期の退院が期待できます。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(膝) 等 77 1.17 49.12 1.30% 74.77
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 70 1.90 33.26 1.43% 72.16
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 50 4.42 56.10

20.00%

81.68
K0811 人工骨頭挿入術(股) 29 3.45 54.07 13.79% 84.03
K068-2 関節鏡下半月板切除術 23 1.00 8.83 0.00% 67.26

【定義】 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しております。同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たる手術のみをカウントしています。複数の診療科に転科しそれぞれの科で手術を実施した場合、DPCの統計上術前日数は主たる手術と判断した手術で集計を行っております。また、輸血関連、創傷処理(いわゆる縫合処置)、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、及びすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は除外)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から退院日まで(手術日当日は除外)で計算しております。「転院」については、退院先が他の病院や診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院患者数で転院率を算出しております。
【解説】 DPCの症例から除外される自賠責・労災などは症例として計上していません。当院は回復期リハビリテーション病棟があり、術前から術後のリハビリまで一貫して治療を行えるため非常に多くの整形外科症例に対応しておりますが、中でも膝関節・脊椎疾患が非常に多く、地域の特性もあり患者平均年齢も高い傾向にあります。このことから転倒による骨折も多く大腿骨骨折や人工骨頭手術も多い傾向にあります。
 

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.00 12.67 0.00% 78.33
K013-22 全層植皮術(25以上100未満) - 1.00 38.00 0.00% 89.00
K0052 皮下腫瘍摘出術(露出部)
(長径2㎝以上,4㎝未満)
- 0.00 1.00 0.00% 42.00
K0153 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術
(100平方センチメートル以上)
- 51.00 51.00 0.00% 74.00
K0064 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)
(長径12㎝以上)
- 1.00 7.00 0.00%

67.00

K0063 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)
(長径6㎝以上,12㎝未満)
- 0.00 1.00 0.00% 57.00
K753 毛巣瘻手術 - 1.00 8.00 0.00% 29.00
K0053 皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - 1.00 1.00 0.00% 46.00
【定義】 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しております。同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たる手術のみをカウントしています。複数の診療科に転科しそれぞれの科で手術を実施した場合、DPCの統計上術前日数は主たる手術と判断した手術で集計を行っております。また、輸血関連、創傷処理(いわゆる縫合処置)、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、及びすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は除外)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から退院日まで(手術日当日は除外)で計算しております。「転院」については、退院先が他の病院や診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院患者数で転院率を算出しております。
【解説】 手術が必要である症例については病名・術式を問わず幅広く対応をしております。
患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。

 
眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 487 0.99 1.01 0.00% 76.71
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - 3.00 5.00 0.00% 68.00

【定義】 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しております。同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たる手術のみをカウントしています。複数の診療科に転科しそれぞれの科で手術を実施した場合、DPCの統計上術前日数は主たる手術と判断した手術で集計を行っております。また、輸血関連、創傷処理(いわゆる縫合処置)、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、及びすべての加算は除外しております。術前日数は入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は除外)の日数、術後日数は主たる手術の手術日から退院日まで(手術日当日は除外)で計算しております。「転院」については、退院先が他の病院や診療所へ転院した場合とし、転院患者数/全退院患者数で転院率を算出しております。
【解説】 地域の特性上高齢者が多いため白内障症例の大半は老人性白内障です。一部若年性白内障に対する手術も実施しておりますが、その他の症例は少なくなっております。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.10%
異なる 6

0.29%

180010 敗血症 同一 - 0.05%
異なる 6 0.29%
180035 その他の真菌感染症 同一    
異なる    
180040 手術・処置等の合併症 同一 4 0.20%
異なる - 0.05%

 

【定義】 この指標は、医療の質の改善に資するため、診療を行っていく上でゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院のきっかけとなった病名(入院契機病名)の同一性の有無を区別して対象となる患者さんの数と発症率を示したものです。
【解説】 患者数が「-」で表示されている項目については症例数が少ないため計上しておりません。